吾輩は考えるニャンコである

猫気質のわたくしが自由気ままに書くブログ

柏屋の薄皮饅頭が福島土産におすすめ!(賞味期限は短いけどね…) 

スポンサードリンク

こんにちは。ニャンさん@nyankodearuです。

 

前回の旅行の帰り道、少し時間に余裕があったため、福島県の会津地方にお立ち寄りしました。悪天候の中で自然ウォッチングを楽しみ、そしてお土産を買っていくことに。福島のお土産といえばお菓子ですよ、お菓子!

 

そして福島のお土産で絶大な人気を誇っている商品がこちらの

 

柏屋「薄皮饅頭」です!

f:id:nyansan2:20181014171013j:plain

福島土産では、三万石 の「ままどおる」と一位を争うほどの人気商品で、いわゆる鉄板というやつですね。私も福島を訪れた際には毎回購入しています。

 

今回は、こちらの「柏屋|薄皮饅頭」について紹介したいと思います。

 

柏屋の薄皮饅頭とは

f:id:nyansan2:20181014172215j:plain

柏屋は嘉永五年(1852年)に創業された和菓子屋の老舗で、とくにこの「薄皮饅頭」は最初に生み出された商品。まさにお店の看板ともいえる饅頭なのです。

 

そして、パッケージの左上の部分に注目してください。

f:id:nyansan2:20181014173605j:plain

日本三大まんじゅう」と記載されていますね。これは公式に決められているわけではありませんが、三笠書房の【図解 日本の「三大」なんでも事典】に記載されたことにより、社会に浸透しました。

 

ちなみに日本三大饅頭に選出されたのは

  1. 柏屋 薄皮饅頭
  2. 塩瀬総本家 志ほせ饅頭
  3. 大手饅頭伊部屋 大手饅頭

 

これら三商品で、いずれも歴史が深く、現代にいたるまで長く愛され続けたベストセラー饅頭たちです。

 

このように柏屋の「薄皮饅頭」は、文字通り日本を代表する饅頭といっても過言ではないでしょう。

 

柏屋の薄皮饅頭を解剖して食べます

f:id:nyansan2:20181014172405j:plain

それでは薄皮饅頭を食べることにしましょう。饅頭のサイズは大と小の二パターン販売しているのですが、私は大きい方が好み。より食感が楽しめますからね。

 

 

f:id:nyansan2:20181014172438j:plain

ひとつ取り出してみました。包装はふんわりと巻いている程度です。決して私がぐちゃぐちゃにしたわけではありませんよ。

 

 

f:id:nyansan2:20181014172505j:plain

脱がしてやりました。ついに本体の登場です。形は少し不均衡で、部分的にハゲてしまっていますよね…。皮が非常に薄いため、少し圧を加えただけで変形してしまいます。

 

 

f:id:nyansan2:20181014172529j:plain

半分に切断してやりました。う~ん、あんこがびっちり♪
皮は薄いだけあって、けっこうボロボロとこぼれ落ちます。

 

f:id:nyansan2:20181014172545j:plain

正面から撮影しました。ほとんどあんこですね。少し分かりにくいのですが、底の部分には皮がほとんどついておらず、あんこが剥き出しに近い状態になっています。ドラえもんの頭を想像すると理解しやすいかと。

 

お味の方ですが、色からお察しの通り皮には黒糖が使用されており、黒糖特有の風味と薄皮の「ぐちゃっ」とした食感が特徴ですね。あとはひたすらあんこです。こしあんとつぶあんの二パターンありますが、私はこしあん派。シンプルな味で、万人受けする王道商品だと思います。

 

柏屋の薄皮饅頭は賞味期限が短いため日持ちしません

福島のお土産におすすめな柏屋の薄皮饅頭。
でもね、ひとつだけ欠点があるのです…!

f:id:nyansan2:20181014172614j:plain

 私がこれを購入したのが10月7日。
そう、賞味期限が短いのです。

 

ちなみに柏屋の公式ページにはこのように記載されています。

賞味期限 製造日より7日間
引用:https://www.usukawa.co.jp/usukawa/koshi_tsubu/

 

なので、お土産として購入する際には注意が必要ですね。

 

まとめ

f:id:nyansan2:20181015135418j:plain

以上になります。

 

100年以上の歴史を持つ柏屋の薄皮饅頭。その製造方法ゆえに日持ちはしませんが、クセが少ないシンプルなお味で多くの人に愛され続けている商品です。

 

福島のお土産では、ほかにも岩井屋の「くりまんじゅう」や「あわまんじゅう」、あとは三万石の「ままどおる」などは鉄板ですね。

 

でもでも、やっぱり私は柏屋の薄皮饅頭がイチ押しです。なんといっても食べやすいですからね。今回も三日で一箱食べ終わりました。

 

福島へ旅行される際は、お土産選びにぜひご参考頂けたらと思います。

 

それでは今回はここまで。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。