にゃんさんブログ

猫気質のわたくしが自由気ままに書くブログ

上野公園のマップに記載されている見所を全て紹介【観光ガイド】

f:id:nyansan2:20181104135130j:plain

こんにちは。ニャンさん@nyankodearuです。

 

先日、上野公園(正式名称:上野恩賜公園)へ遊びに行きました。美術館へ行くことが目的だったのですが、時間が余ったため、ついでに公園内を散歩することに。

 

上野公園の案内図を頼りに、ランドマークをひとつずつ巡っていくことにしました。

 

f:id:nyansan2:20181104135156j:plain

とりあえず、↑に記載されている場所はすべて制覇。ええ、お察しかと思いますが、そうとう時間がかかりましたよ。写真も撮りながらの観光だったのでトータル3時間くらいかなあ…。

 

今回の記事では、上野公園の観光案内も兼ねて、マップに記載されているランドマークをすべて紹介していきます。

 

  1. 自然
  2. 建築物
  3. オブジェクト

この3つに大別して、順番に話をすすめますね。

 

上野公園見所①自然

上野公園の特徴の一つとして、自然が豊かなことが挙げられます。緑や池、また公園名物と言っても良いハトも大量に生息しており、東京の中ではとても落ち着ける場所ですね。

 

不忍池(しのばずのいけ)

f:id:nyansan2:20181104120845j:plain

池の南と西で不忍通りに接しており、不忍池という名称がついています。蓮池・ボート池・鵜池の3つから構成。

 

f:id:nyansan2:20181104120904j:plain

見てください、とにかく蓮だらけ…。好き放題に伸びており、長いものだと4m以上ありそうですよ。

 

f:id:nyansan2:20181104120921j:plain

遠くを見ても、とにかく蓮しか目に入りませんね。池がほとんど見えません。

 

大噴水(噴水池)

f:id:nyansan2:20181104135241j:plain

こちらは大噴水と名付けられています。うーん、とくに紹介することが無い……

 

f:id:nyansan2:20181104135221j:plain

何かのイベントをしているのでしょうか。子供は楽しめるかもしれませんね。

 

摺鉢山古墳(すりばちやまこふん)

f:id:nyansan2:20181104135332j:plain

なんと、公園内に古墳があるんです。これは下から見上げた写真。かつてはこの他にも古墳がありましたが、美術館や博物館の建設に伴い壊されたとのこと。

 

f:id:nyansan2:20181104135353j:plain

登ってみるとこんな感じです。かつてはここに清水観音堂が建てられていましたが、元禄7年に現在の場所に移転しました。

 

f:id:nyansan2:20181104135409j:plain

こちらに古墳に関する歴史が書いてありますね。

 

f:id:nyansan2:20181104135429j:plain

上から見下ろすとこんな感じ。それほど高くはないですよ。

 

割れた木(非ランドマーク)

f:id:nyansan2:20181104135458j:plain

これ、すごいと思いませんか。木の表面が割れて、中が丸見え…!

 

f:id:nyansan2:20181104135521j:plain

アップで見るとこんな感じ。割れてるけど、軸が折れる気は全然しませんよね。強い生命力を感じます!

 

ハト(非ランドマーク)

f:id:nyansan2:20181104135714j:plain

上野公園の名物と言ってもいいハトさん。私よりもいいものを食べているとの噂ですが、一応エサやりは禁止されているんですね。

 

f:id:nyansan2:20181104135740j:plain

看板の後ろで、堂々と餌をもらっています。上野公園って、ハトの餌用のパンクズみたいなのがあちらこちらに落ちているのですよ。とりあえず、この辺は驚異のハト密度です。

 

上野公園見所②建築物

弁天堂(べんてんどう)

f:id:nyansan2:20181104140021j:plain

不忍池の中心、弁天島に建てられているのが、こちらの弁天堂。かつては離れ小島であったため、船で行き来をしていたとか。寛永二年(1625)建築という長い歴史を誇り、戦時に一度消失しましたが、昭和33年に再建。

 

f:id:nyansan2:20181104140041j:plain

弁天様をお祀りしており、昔から今に至るため数多くの人が参拝に訪れています。

 

清水観音堂(きよみずかんのんどう)

f:id:nyansan2:20181104135857j:plain

こちらは清水観音堂へ向かう参道の入り口です。

 

f:id:nyansan2:20181104135924j:plain

残念ながらこの清水観音堂、【撮影禁止】の記載がありました。なので代わりに周囲でも撮っておきましょうか。

 

f:id:nyansan2:20181104135944j:plain

うーん、きれいですねー(投げやり)

 

花園稲荷神社(はなぞのいなりじんじゃ)

f:id:nyansan2:20181104143832j:plain

ここから花園稲荷神社&五条天神社に向かいます。左下にいる異国のおじさまがガン見してきたので、全力で肖像権を保護しました。

 

f:id:nyansan2:20181104140459j:plain

ここの参道好きなんですよね。

 

f:id:nyansan2:20181104140515j:plain

さあ、花園稲荷神社です。ネット上ではパワースポットと呼ばれているそうで(今知りました)。

 

f:id:nyansan2:20181104140530j:plain

「何だコイツ?」みたいな顔で私を見ていますね。

 

五条天神社(ごじょうてんじんじゃ)

f:id:nyansan2:20181104140559j:plain

花園稲荷神社と併設されている、五条天神社です。かなーり昔に建てられたようで、500年以上前の書物にも名前が記載されています(正確な建立時期は不明)。

 

上野東照宮(うえのとうしょうぐう)

f:id:nyansan2:20181104140911j:plain

こちらは有名ですよね。徳川家康・徳川吉宗・徳川慶喜を祀る神社。とても美しい建築物で、和の技術の結晶と称してもいいでしょう。外国人観光客も大勢いました。

 

f:id:nyansan2:20181104141029j:plain

アップの写真だと、この美しさが少し伝わるかな…?

 

f:id:nyansan2:20181104140934j:plain

東照宮略記です。うんたらかんたら……

 

f:id:nyansan2:20181104141012j:plain

凛々しいシーサー風の何かが私を威嚇しているようです。

 

ぼたん苑

f:id:nyansan2:20181104140618j:plain

厳密にいうと上野東照宮に含まれるのですが、今回は分けて説明。ぼたんとは「天竺牡丹」のことで、いわゆるダリアの和名です。ようするに、ここはダリアのお花畑。

 

f:id:nyansan2:20181104140649j:plain

今回は中には入りませんでした。だって、700円も取られるんだよ…!(けち)

 

上野動物園(UENO ZOO)

f:id:nyansan2:20181104141105j:plain

みんな大好き、上野動物園です。今回は時間が無いため入園していません。

 

f:id:nyansan2:20181104141122j:plain

チケット売り場の上にあるあの置物、かわいいですよね(笑)

 

五重塔

f:id:nyansan2:20181104141315j:plain

動物園内に位置する五重塔。寛永8年に建設。遠くからウォッチング。

 

東京都美術館

f:id:nyansan2:20181104141435j:plain

これまでと一転してモダンな雰囲気になりましたね。こちらは東京都美術館です。

 

f:id:nyansan2:20181104143803j:plain

右側に見えるスフィアの物体がトレードマークです。

 

f:id:nyansan2:20181104141510j:plain

この記事を作成時、ムンク展が開催中。レビュー記事を書いているので、興味がある方は是非↓

 

国立科学博物館

f:id:nyansan2:20181104141609j:plain

国立科学博物館。子どもがいる方は一度は連れてきてほしい場所。きちんと見るのは数日かかるくらいの大ボリュームですよ。

 

f:id:nyansan2:20181104141634j:plain

トレードマークであるクジラのオブジェクトです。

 

国立西洋美術館

f:id:nyansan2:20181104141710j:plain

世界文化遺産にも登録されている、国立西洋美術館。年に一度は訪れますね。

 

f:id:nyansan2:20181104141733j:plain

このときはルーベンス展が開催していました。フェルメール展・ムンク展と同時期に開催なので、こちらは少し閑散としています。

 

東京文化会館

f:id:nyansan2:20181104141757j:plain

東京文化会館は、オペラやクラシックコンサートなどを実施するための施設です。他にはレストランもあり、私もちょくちょくお邪魔しています。

 

f:id:nyansan2:20181104141814j:plain

外観はこんな感じ。とくに説明することもないかな。

 

f:id:nyansan2:20181104141833j:plain

元東京都知事の安井誠一郎さんの像。東京文化会館の建設に関与したとか。

 

上野の森美術館

f:id:nyansan2:20181104141859j:plain

上野の森美術館。フェルメール展が開催中で、外観がいつもと違います。

 

f:id:nyansan2:20181104141923j:plain

本当に分かりにくいですが、こんな感じです。

 

上野公園見所③オブジェクト

上野公園内には数多くのオブジェクトがあります。銅像や仏、お墓などですね。

 

上野大仏(うえのだいぶつ)

f:id:nyansan2:20181104142018j:plain

こちらは上野大仏。寛永8年建立。「…どこが大仏?」と疑問に思う方が多いでしょうね。元々は6m程度の高さを誇る釈迦如来坐像でしたが、度重なる災害で破壊され、今では顔面だけになってしまったのです。

 

f:id:nyansan2:20181104142042j:plain

うーん、いい顔していらっしゃる。この上野大仏、幾多の災難を乗り越えてきたため、「これ以上落ちない」という意味を込めて合格祈願に訪れる子どもが多いそうです。

 

f:id:nyansan2:20181104142057j:plain

幾多の難を乗り越えた上野大仏。うんたらかんたら……

 

小松宮彰仁親王像(こまつのみやあきひとしんのうぞう)

f:id:nyansan2:20181104142125j:plain

小松宮彰仁親王の像です。戊辰戦争などで活躍。

 

f:id:nyansan2:20181104142226j:plain

小松宮彰仁親王について書かれていますね。

 

f:id:nyansan2:20181104142156j:plain

前から見ると、親王と馬の頭が同化しています。

 

グラント将軍植樹碑

f:id:nyansan2:20181104142411j:plain

グラント将軍、アメリカ元大統領と呼ぶべきでしょうか。かの有名な南北戦争で英雄と呼ばれている方です。日本に来た際に上野で歓迎会が行われたため、ここに植樹碑が建てられたのはその縁ですね。

 

f:id:nyansan2:20181104142431j:plain

色々と書いています。グラントさん、実は歴代大統領の中で、初めて日本を訪れた人物なのだそうですよ。ちなみに大統領としての評価は最低で、汚職やミスを繰り返し、彼への支持は地に落ちていたとのこと。

 

f:id:nyansan2:20181104142448j:plain

平和を我等に Let us have peace.
グラント将軍のお言葉です。

 

ボードワン博士像

f:id:nyansan2:20181104142507j:plain

日本の公園の生みの親と言われているボードワン博士。彼はオランダの一等軍医でした。

 

f:id:nyansan2:20181104142553j:plain

詳しい説明が記載されていますね。ぜひお読みいただけたらと思います。

 

野口英世像

f:id:nyansan2:20181104142622j:plain

野口英世さんが上野に縁がある…、というわけではないのですが、これは彼の功績をたたえ建てられた像です。

 

f:id:nyansan2:20181104142659j:plain

彼の功績が記載されています。野口さんは医師・細菌学者ですね。

 

f:id:nyansan2:20181104143700j:plain

恐れ多くも、カラスが野口さんの頭の上にとまりました…。どれだけ人間の社会で功績を残しても、自然界では一切通用しない。そんな強烈なメッセージが込められているのでしょうか。

 

博士王仁碑

f:id:nyansan2:20181104142750j:plain

朝鮮の百済からやってきたとされている王仁博士。正確な記録は存在せず、架空の人物だという説もあります。

 

f:id:nyansan2:20181104142810j:plain

色々書いています。彼については私はよく分かりません。

 

時忘れじの塔

f:id:nyansan2:20181104142921j:plain

東京大空襲の犠牲者を悼むための慰霊碑です。海老名香葉子さんが代表となり建立。上の時計はソーラー電池とのこと。モダンな雰囲気ですね。

 

天海僧正毛髪塔

f:id:nyansan2:20181104142958j:plain

文字通り、ここには天海僧正の毛髪が納められているといいます。天海僧正は1536年-1643年まで生きられたとのことですが、え、何歳!?

 

f:id:nyansan2:20181104142939j:plain

徳川家康の側近として有名ですよね。

 

彰義隊の墓

f:id:nyansan2:20181104143016j:plain

彰義隊とは徳川慶喜の護衛などを目的に結成された部隊で、上野戦争で明治新政府軍に敗れ消滅しました。

 

f:id:nyansan2:20181104143032j:plain

上野の山を拠点としていたようですね。

 

西郷隆盛像

f:id:nyansan2:20181104143057j:plain

本人に似ていないと評判の上野の西郷隆盛像。ここに建てられた理由は上野戦争が関係しているそうです。

 

f:id:nyansan2:20181104143127j:plain

敬天愛人。西郷隆盛さんの座右の銘です。天を敬い人を愛する。

 

f:id:nyansan2:20181104143142j:plain

清々しい笑顔です。本人には似ていないけどね!

 

まとめ

f:id:nyansan2:20181104203604j:plain

以上です。

 

見所満載で、公園内を歩いただけでこのボリュームですからね。これで一つずつ美術館などを巡っていくと、すべて見終わるのは3日はかかります。この記事を作成するのも3日かかりました。

 

歴史が深く、多方面にわたり日本・海外の文化を学ぶことができる上野公園。東京にお寄りの際は、ぜひ観光の候補に挙げていただければと思います。

 

それでは今回はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。